2019/01/30
2019年2月開催 東京セミナーのお知らせ(有料)
本セミナーでは、特許業務の要となる明細書・特許請求の範囲の意義を踏まえつつ、
これらの書面をチェックするための具体的手法を、審査官経験を有する弁理士の
視点から解説します。

特に、知財業務に十分な時間をとれない知財担当者様に向けて、明細書・
特許請求の範囲を効率的にチェックする際の勘所を、短時間でお伝えします。
どうすれば明細書を効率的にチェックできるのか、どうすればチェック結果を
特許事務所に伝え、上手く出願書類に反映させことができるのか等を知りたい方々の
受講をお勧めします。

【予定内容】
1.特許の意義(その重要性の再確認)
2.特許請求の範囲及び明細書の意義
3.審査における審査官の出願書類の読み方、権利行使段階における明細書等の読まれ方
4.特許請求の範囲及び明細書のチェック手法

【講師紹介】
佐藤   高弘先生           鷲田国際特許事務所   弁理士
東北大学修士課程修了。日立造船株式会社にて、環境プラントの開発等に従事。
2004年に任期付審査官の第一期生として特許庁に採用され、特許審査業務に10年間従事。
3つの審査室(特許審査第二部熱機器、一般機械、福祉・サービス機器)に所属、
幅広い技術の審査に携わる。都内特許事務所を経て、2017年鷲田国際特許事務所に入所。
電気・機械グループにて国内・海外案件の明細書作成、権利化、鑑定業務等に従事。

皆様のご参加をお待ちしております!

2019年02月15日(金)14:00~16:30 知財実践講座~明細書考~
【定員】30名様 10,800円(税込) 予約制となっております。お早めのお申し込みをお待ちしております。